櫻田ちえ子さん

作業をしていて就寝はなんと、夜中の3時にもなる時があるという櫻田さん。櫻田さんによって丁寧に手摘みされた、様々な可愛らしい赤ちゃん野菜、ベビーリーフがたくさん詰まった「櫻田サラダ」にご注目ください(*^^*)

Q,産直に商品を出すときに、一番に考えていることは何ですか?

A,他の人がやらないことをやらないと。

本当は他の人が作らない野菜を見つけてどんどん作っていきたいと思っているんだよ。その方が売れるし、競争にならなくていいしね。例えば、ルッコラなんかは珍しいと思って育て始めたんです。それが「櫻田サラダ」のきっかけでもあります。でも歳だからねぇ(笑)冬場は「櫻田サラダ」に固定して、安定して栽培できるように努力しています。あと冬でも時期によって「櫻田サラダ」にちょっと違う種類の野菜を加えたりしてるんだよね。例えば、今だとラディッシュなんかね。いつも15~16種類、多いときは20種類以上サラダに入ってるよ。

左は赤い色の葉脈が特徴のスイスチャード。右は櫻田さん手摘みの櫻田サラダ。たくさんの野菜の赤ちゃん、かわいらしいベビーリーフがつまっています。甘かったり、苦味があったり、辛かったりと、それぞれ葉っぱごとに味が違います。(詳しくはこちら)

生産品目

櫻田さんの生産品目トマト、ネギ、スイスチャード、レタス(6種)、エンダイブ、食用タンポポ、チコリ、ルッコラ、クレソン、水菜、サラダほうれん草、レッドキャベツ、プチベール、ラディッシュ、タアサイ、人参、アスパラガス、米、小松菜、わさび菜、からし菜、菜花
力を入れて生産しているものトマト、冬期のサラダセット

Q,農業をやっていて良かったと思うときは、どんな時ですか?

―――みんなに野菜を食べてもらって「おいしかったよ!」って喜んでもらった時かな。

野菜を育てるのは、みんなが思っている以上に手間がかかるんだよね。櫻田サラダは冬で温度に気を使うし、4月はじめに植えるトマトも寒さに弱いから、霜注意報が出たときはストーブを焚くの。

トマト

あと、まっすぐ育って美味しいトマトになるように、ワキ芽を丁寧に取らないといけない。ワキ芽っていうのは主幹と葉の付け根から出ている小さな葉のことね。そのワキ芽を取らないと大きな実にならなくて味が落ちてしまうんだよ。それと、ワキ芽を取るには晴れの日!なぜかと言うと、雨の日はそこから菌が入ってトマトが病気にかかってしまうんだよ。

―――アスパラは夏に収穫したら、秋にハウスに植え替えてクリスマスの頃にまた収穫できるようにするの。クリスマスのサラダにアスパラは人気だからね。仕事は深夜までやることが多いけど、忙しく働いている方が生きてるって感じがする。休んでるとかえって体がおかしくなる気がするんだよ(笑)寝る前に一日を振り返ると、とても充実感があるね!毎年野菜に「今年も頼むよ!」っていう気持ちで取り組んでいるし、産直で「美味しかったよ」って声をかけてもらったりすると、もう嬉しくて。本当にやっていて良かったなと思うんだよね。

A,みんなに食べてもらって喜んでもらったとき。

Q,自慢の商品、生産品へのこだわりをおしえてください。

―――食べて1番好きなのは、やっぱりトマト。
生で食べるのが1番だね。うちはトマトをメインでやってるからね。5月~11月半ばまで収穫できます。

あと春の暖かい時期はなば菜。うちで育ててるのは、「はるの輝」、「アレッタ」、「サレント」っていうなば菜。花にはね、ものすごく栄養があるの。子孫を残すために頑張っているから。夏と冬の初めはアスパラガス。アスパラガスは促成栽培して、たくさん採れるようにしてるの。そして冬は十数種類の葉物を栽培して、櫻田サラダを作っています。春先には人参やラディッシュといった根菜類も混ぜたりしてる。全ての野菜は農薬をできるだけ使わないで育ててるから、アブラムシの発生する前に葉物は全部収穫したり、混植をしたりして虫がつかないように工夫してるんだ。

Q,おすすめレシピを教えてください

生トマト

生が一番!

私はやっぱり生で食べるのが一番ですね!野菜そのものの味を味わってほしいです。櫻田サラダもシンプルに塩とレモンが美味しいです。

どうしてトマトは支柱ではなくて、つるで吊るすの?

トマト栽培の様子

普通は支柱だけどね、うちはつるなの。うちではトマトに力を入れているから、たくさん作るんだよ。つるの方が支柱よりも枝を長く育てられるし多く採れるから、こうやって育てるの。枝は1本1本手で少しずつ少しずつ横に寝せてくの。トマトは下の方から段々にできていくんだよ。もう最後はジャングルだよ(笑)

櫻田さんの豆知識:野菜は50℃?

私野菜を洗う時やってることがあるんだけど、レタスとか小松菜とか葉物野菜を洗う時、50℃くらいのお湯で30秒くらいサッと通してみて。そうするとビタミンが増えるし、葉がパリッとして美味しくなるんだよ。しかも殺菌作用もあるからね。買ってから何日か経った野菜にも試してみて。一手間で採れたてのような野菜になるよ!

収穫時期

収穫時期一覧

自慢のトマトは、みなさんに食べてもらえるようにハウスで長い期間育てています。愛情たっぷりの櫻田サラダ、アスパラなども、ぜひご賞味ください。

メッセージ

生産者さんから消費者さんへメッセージ

手間ひまと愛情が本当に詰まった野菜です。

温度管理だったり、農薬のことだったり、手入れだったり、皆さんが思っている以上に野菜作りには手間がかかっています。農業は天候との戦いだしね。そういう中で、ひとつひとつ丁寧に育てた私の「櫻田サラダ」やトマトを是非食べてみてください。櫻田サラダはレモンと塩で食べるのがおすすめです。トマトはそのまま食べるのが1番美味しいですよ!

プロフィール

お名前櫻田ちえ子
年 齢60才
趣 味写経をやってみたいなぁ。昔書道習ってたりして道具はあるんだけど、なかなか暇がないね。
農業歴家がもともと農家だったんだけど、本格的に始めたのは農協で働いて辞めたあとの2006年から。
好きな食べ物うちで作ってる中ではトマトだね。やっぱり生で食べるのが1番!
目 標人がやらないのをやらないと、と思ってます。珍しい野菜がいっぱい入った「櫻田サラダ」をこれからも作り続けます。

生産者一覧

松原宏樹さん

松原宏樹店長

お客さんから一番近い産直を目指す産直の店長!

松の実店長

大菅達夫さん、祐子さん

大菅祐子さん

今日と明日は違うこと!根野菜のスペシャリスト!

長芋、珍しい野菜

櫻田ちえ子さん

櫻田ちえ子さん

ほかの人がやらないこと!赤ちゃん野菜の母!

トマト、櫻田サラダ

上村玉枝さん

上村玉枝さん

ありのままの野菜づくり♪野菜づくりは喜び!

下仁田ねぎ、ウルイ

松原久美さん

松原久美さん

食物の源は土!雫石を活性させる“楽”農家。

お米、牛乳、アイス

猿子孝子さん

猿子孝子さん

長く咲く、可愛いユリをお届けいたします♪

ユリ

柿木恒徳さん、静子さん

柿木静子さん

無農薬、そして健康食品であるキノコを栽培!

シイタケ、ナメコ

杉田和正さん、孝子さん

杉田和正さん

完全無農薬栽培のマコモダケ!減農野菜を提供♪

金時草、マコモダケ

森崎ロクさん

森崎ロクさん

農業一筋!昔ながらの野菜をお届け。

じゃがいも、お茶