大菅達夫さん、大菅祐子さん

宏樹店長から「根菜類のスペシャリスト!」と紹介された大菅さんご夫婦。そんなおふたりにお話を伺いました。植物を見るすごく良い顔と、松の実のお客様に対する想いにご注目ください。

Q,産直に商品を出すときに、一番に考えていることは何ですか?

大菅達夫さん 大菅達夫さん

A,今日と明日では違うことを

産直は、スーパーと違うと思うんですよね。やはり数にはかなわないから、珍しい野菜をお届けしたいと思う。なので私は松の実へ来てくださるお客さんが喜んでもらえるよう、”今日と明日は違うことを!”をモットーに、今まで作ったことのない、新しい野菜作りへ挑戦していますね。

大菅さんの、今後お店に出す予定の珍しい野菜たち。セルリアック、パースニップ、ビーツなど十数種類栽培しています。パースニップは薬用人参みたいなもので、長さはなんと1mにもなるそうです。これらの野菜がどのように実るのか、これからもご紹介してまいります(*^^*)

生産品目

大菅さんの生産品目牛肉、少量多品目、ぶどう、柿、豆柿、りんご
力を入れて生産しているもの根菜類(長いも、ごぼう、大根、人参)、キャベツ

Q,農業をやっていて良かったと思うときは、どんな時ですか?

芽が出たときはもちろん、うまく実ったとき。―――うれしいよなあ。

野菜って、温度管理がすごく大変なんですよ。芽が出てきてからの寒さ対策が特に大変で、毎日ビニールをトンネル状に覆ったり、外したりして温度管理をしています。保温材と電熱マットだけだと足りないんですよね。例えば大根なんかは2、3日低温にさらすだけで抽苔(ちゅうだい)してしまうんですよ。要は大根にならず花になってしまうんです。花が咲いてしまうと栄養は花のほうにいってしまって大根にならないんですね。大根の成長には栄養成長と繁殖成長があるんですが、栄養成長は大根の根になって、繁殖成長は真っ白な花になるんですよ。たった2、3日で花畑になるんだよなぁ(笑)綺麗な花なんだけど、これまでの愛情込めたものが全て花にいってしまって、大根にならないんですよ。

―――立派な大根に栄養がいくよう、温度の管理を毎日調整して作ってますね。
毎日の積み重ねがあるからこそ、うまく実ったときはやっていて良かった・・・!と思うし、やっぱり、うれしいよなあ。

うまく実ったとき。

Q,自慢の商品、生産品へのこだわりをおしえてください。

―――甘さですね。
甘みのある野菜作りを大切にしています。やっぱり甘みのある野菜ってうまいじゃないですか。なので私のところではリン酸系の液肥を使って甘みのある野菜を作っています。周りでも長芋を作ってるんですけど、糖度計で調べてみたら我が家の長芋が一番糖度が高かったんですよ。みんなからも"うまい"って言ってもらってますね。

Q,おすすめレシピはなんですか?

長芋の天ぷら

A,長芋の天ぷら

だし汁に削り節で食べるのもいいですが、私はこれをおすすめします。長芋をドロドロにすって、ノリで包んで、天ぷらにしてだし汁で食べる!これがうめぇな!

大菅さんの野菜の美味しさの秘訣は?

窒素過剰にならなければいいんじゃないかなと思いますね。窒素が多くなると硝酸態が多くなるんですよ。牛なんかでも鼓張症のような原因になるので、窒素は最小限にしてなるべく残らないようにしています。リン酸が効かせられるような甘いものをつくりてぇな。

窒素が多いとどう変わる?

葉が青々しくて味がのらなくなりますね。苦味が強いというか・・・。キャベツであれば葉がバヤバヤとして丸まらないんですよ。実になるものであれば、葉っぱだけ大きくなったりツルばかり伸びて、花芽がつかないんですよ。からだはつくるが実はつかないってことになりますね。

この辺りはどういう土なんですか?

雫石には山がたくさんあるので黒ボク土壌なんですよ。つまり火山灰が多い土なんです。石がなくて深さがあるので長芋やごぼうが生産しやすい土地なんです。
※黒ボク土壌の特徴として有機物の含有量が多いことが挙げられます。弱みとしてはリン酸が不足しやすく、施肥をしないとやせた土壌となることです。

収穫時期

収穫時期一覧

大菅さんの生産物は産直「松の実」で販売中。珍しい野菜は順次販売しておりますので産直へ行ってからのお楽しみ♪そ・し・て、冬にもキャベツ?と思った方もいらっしゃると思います。実は大菅さん、今年は冬採りキャベツも考えているそうですよ♪冬でも大菅さんのキャベツを食べられるのは嬉しいですね!!冬の寒さで甘みがギュッと詰まったキャベツですよ!

メッセージ

生産者さんから消費者さんへメッセージ

私たちは産直「松の実」に来るお客さんのことを考え、珍しい野菜と甘みのある野菜作りに力を入れています。”品質、安全、甘み、おいしさ”を心がけて作っております。

安くて安全、安心、美味しい野菜を提供できればと思います。

プロフィール

お名前大菅達夫、祐子
年 齢62才、58才
出 身花巻です。雫石の中でも、この辺は様々なところから来ていて、四国から来てる人もいますね。山は近いし温泉も近いところがいいよなぁ。
趣 味仕事みてぇなもんだな(笑)仕事一本!あとは孫の行事への参加すること、家事剪定、ぶどうなどの果物作り!
農業歴26歳から30年以上!サラリーマン時代も農業をやっていました。
松の実出荷のきっかけ松の実に顔出すたび、店長がやらないか?やらないか?と誘われて2011年から参加しました。
好きな食べ物我が家の長芋!!(笑)糖度が高さが自慢です。
目 標珍しい野菜を作ることもそうだし、松の実に行けばこれは絶対あるというものを作りたいです。一年を通して提供できる野菜作りを目指したいですね。

生産者一覧

松原宏樹さん

松原宏樹店長

お客さんから一番近い産直を目指す産直の店長!

松の実店長

大菅達夫さん、祐子さん

大菅祐子さん

今日と明日は違うこと!根野菜のスペシャリスト!

長芋、珍しい野菜

櫻田ちえ子さん

櫻田ちえ子さん

ほかの人がやらないこと!赤ちゃん野菜の母!

トマト、櫻田サラダ

上村玉枝さん

上村玉枝さん

ありのままの野菜づくり♪野菜づくりは喜び!

下仁田ねぎ、ウルイ

松原久美さん

松原久美さん

食物の源は土!雫石を活性させる“楽”農家。

お米、牛乳、アイス

猿子孝子さん

猿子孝子さん

長く咲く、可愛いユリをお届けいたします♪

ユリ

柿木恒徳さん、静子さん

柿木静子さん

無農薬、そして健康食品であるキノコを栽培!

シイタケ、ナメコ

杉田和正さん、孝子さん

杉田和正さん

完全無農薬栽培のマコモダケ!減農野菜を提供♪

金時草、マコモダケ

森崎ロクさん

森崎ロクさん

農業一筋!昔ながらの野菜をお届け。

じゃがいも、お茶